2018年秋冬トリコ・コムデギャルソン コピーファンシーな仕立てはつまびらかに

トリコ・コムデギャルソン コピーの2018年秋冬コレクションが発表された。

ボタンを敷き詰めたファンシーな柄

今季のキーピースは、ボタンを敷き詰めたファンシーな柄物。シースルー素材としっかりとした素材の2種類の布帛に同柄をプリントし、それぞれの素材の動きを活かしたパターンで、ワンピースや巻きスカート、トップスなどに仕立てた。コムデギャルソン ワンピース コピーのルックでは、繊細なレースに細かいプリーツをかけた黒いケープがスタイリングされている。

リボンモチーフを散らしたガーリースタイル

キーピースのファンシーさはコレクション全体に広がっている。フォーマルなレディースウェアの定番アイテムであるウールツイードのノーカラージャケットは、前あきに3段のリボンをあしらって、結んで合わせるガーリーなスタイルに。

優しい生成り色で統一したノースリーブトップスとギャザースカートのコムデギャルソン 偽物の セットアップも、リボンをランダムに散らしたデコレーションでガーリーな雰囲気。スカートの裾部分にはキラキラと光るビジューやビースがライン状に取り付けられ、手の込んだファンシーさを一層引き立てる。

テーマカラーは温かみのある“赤”

テーマカラーとしては、ピンクがかった温かみのある”赤”が存在感を発揮している。ステンカラーのロングコートやジャケット、ギンガムチェックにアレンジしたボリューミーなスカートやトップスは、この赤一色で彩られている。ニュアンスのある色味なので、ロングコートやセットアップで着用しても、浮くことなく馴染んだ着こなしを実現している。

この穏やかな色味の”赤”はニットにも取り入れられた。多様な素材を編み込んた立体的なニットに、上から花柄の転写プリントを施しているのだ。近くで観察すれば素材の複雑さに圧倒され、遠くから見れば花柄が浮き上がって見える。精緻なディテールで作るファンシースタイルには、着る人をハッピーにさせるこだわりが詰め込まれている。

FROM:https://www.fashion-press.net/news/38766

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です